PEO ゼロポイントシャフト PBOT S1 H-100 GSX-R1000

メーカー品番:PEO-P-S-GXS1 H-

JAN:4573346075682

(0件)

対応車種

対応車種をすべて見る

NAPSおすすめポイント

※ 画像はイメージです

商品情報

ZERO POINT SHAFTとは


ZERO POINT SHAFTの摩擦係数は0.2μ!純正品は0.4μなので約半減。

摩擦係数の軽減によりフロントでは、フロントフォークの運動性能が高まり、ハンドルとの一体感が感じられます。 進行方向への切り替えしが容易になり、カーブ等のアプローチがこれまで以上にスムーズに突入でき、コーナーリング中に安定性が増します。

(スピードup実現) リアでは、摩擦係数が下がり、低燃費化が図れます。 加速時、タイヤと地面の接地に安定感が生じ、直進性が良くなり、加速に無駄がなくなります。


製品内容

フロントでは、フロントフォークの運動性能が高まり、ハンドルとの一体感が感じられます。
進行方向への切り替えしが容易になり、カーブ等のアプローチがこれまで以上にスムーズに突入でき、コーナーリング中に安定性が増します。(スピードup実現) リアでは、摩擦係数が下がり、低燃費化が図れます。加速時、タイヤと地面の接地に安定感が生じ、直進性が良くなり、加速に無駄がなくなります。
製品は設計から見直し独自の形状等を採用。


摩擦係数とは

2つの物体が接触している際、接触面に働く摩擦力と接触面を垂直に押す力との比のことで、要するに『どれだけ軽く物体(バイク)を動かすことができるのかを数値化した』ことです。(乾燥状態の時)

摩擦係数が少ないほど、小さい力で物体(バイク)を動かせます。

例) 物体の重量が100kgで、50kgの力で動き出した場合、この時の摩擦係数は、0.5(μ)=50(kgf)/100(kg)となります。

摩擦係数は各材料によって異なります。ベアリングとの相性では、純正品母材の場合、0.5μです。ちなみにチタンの場合0.6μで、純正より転がりにくい結果になっています。

メッキなどによって純正品やチタン製品は、一般的に0.4μぐらいです。

一部のメッキでは、0.1μも可能ですが、メッキ自体が衝撃で破損しやすく、その破片でベアリングを痛める恐れがあります。

製品では、製作工程から見直し、摩擦係数を0.2μにする事が出来ました。

例) 車体重量が100kgの場合、純正品等では、40kgの力が必要に対して、当製品は、20kgの力で済みます。(ベアリングの転がりで、実際にはもっと軽減します)

動かす力が少なくする為、エンジンの運動量も軽減でき、省燃費が実現されます。

ただ単純に、ばね下荷重で数百gを軽減するよりも、動作させる力が数kg~数十kg軽減できる方が良いのかは、お分かりでしょう!


ZERO POINT SHAFT μ


バイクのホイールを如何に軽く回すことができるを追求した製品。 Zero Point Shaft μは、P.E.O.が追い求めている“ホイールを如何に軽く回すことができるか”を従来品より更に進化した製品 車両・製品開発の現場で養った知識やノウハウの集大成を製品化。シャフト自体の潤滑性が優れていて、なおかつ強度が強く劣化しにくい。受注生産品扱い( 90日程度の納期 ) 完全受注生産の為、入金後 キャンセル・返品はできません。 「請負契約」(民法632条)に該当


詳しくは、FAQ(https://www.peo.nara.jp/faq/index.html)にて


★ZERO POINT SHAFTって★


★ピックアップ記事(クリックでPDFをご覧いただけます)


特徴

車種年式

GSX-R600'06- H-100

GSX-R750'06- H-100

GSX-S1000 H-100


PEO ゼロポイントシャフト PBOT S1 H-100 GSX-R1000のインプレッション

総合評価

平均:-

  • 星5つ
    0件
  • 星4つ
    0件
  • 星3つ
    0件
  • 星2つ
    0件
  • 星1つ
    0件

PEO ゼロポイントシャフト PBOT S1 H-100 GSX-R1000のインプレッション一覧

もっと見る