リアショックアブソーバー(ショートバージョン) S36E

メーカー品番:KA632

(1件)

対応車種

  • カワサキ:W400
  • カワサキ:W650
  • カワサキ:W800

対応車種をすべて見る

商品情報|リアショックアブソーバー(ショートバージョン) S36E


■TYPE:36E
■W650[-29mm]、W400[-19mm]純正比
※クリアランス確保の為、チェーンケースを加工する必要がございます。
※写真はタイプ別の例であり、同一タイプでも車種によりデザインが異なります。
※掲載している保証書の画像にて保証内容、保証期間などをご確認いただけます。
ナップスで取り扱いしているオーリンズ製品は全てカロッツェリアジャパンの正規輸入品です。

特徴|リアショックアブソーバー(ショートバージョン) S36E

★リアショックアブソーバー(ショートバージョン) S36Eの特徴

36mm口径ピストンを内蔵
■シリンダー内にフリーピストンを持たないタイプです。
■3段階カム式スプリングプリロ-ド調整搭載
■多段積層円盤バルブ方式で、低速域から高速域まで正確で安定した減衰力を発揮します。

リアショックアブソーバー(ショートバージョン) S36Eのインプレッション

総合評価

平均:5.0

  • 星5つ
    1件
  • 星4つ
    0件
  • 星3つ
    0件
  • 星2つ
    0件
  • 星1つ
    0件

リアショックアブソーバー(ショートバージョン) S36Eのインプレッション一覧

Pasato

車高は工場出荷状態で純正と比較して28mm下がり、
プリロード調整で22mm程度下がるように調整しました。
取り付けはセンタースタンドを立てて左右順番に交換しました。ナット2本で止まっているのみなのですぐに出来ます。
ただショックに純正チェーンカバーが干渉するのでチェーンカバーを取外して切断加工する必要があります。
交換して車高が下がったぶん純正サイドスタンドそのままだとやや直立してしまいます。
またセンタースタンドもとても重く立てられなくなってしまいます。
サイドスタンド、センタースタンド共にショート加工する必要があると思いますが、自分の場合はとりあえず高さ20mm程度の板を後輪にかませてしのいでいます。

乗り心地は純正の道の凸凹での突き上げが皆無と言っていいほどなくなりしっとりとした感じになりかなり良くなりました。

評価した人は…ふつうのバイク乗り (2011/08/25)

もっと見る