DYNA2000(デジタルパフォーマンスイグニッションシステム)

メーカー品番:DDK7-1

(0件)

対応車種

対応車種をすべて見る

NAP'Sおすすめポイント


キャブレターのセッティングと同様、点火時期を調整することでノーマルからチューンドエンジンまで、全域で正確な点火を期待できます。

商品情報|DYNA2000(デジタルパフォーマンスイグニッションシステム)


■オリジナル日本語版マニュアル付属
※画像はイメージです。

特徴|DYNA2000(デジタルパフォーマンスイグニッションシステム)

★DYNA2000(デジタルパフォーマンスイグニッションシステム)の特徴


■最大進角を20度から40度まで任意に設定でき、点火時期を調整できます。
■5種類の進角モード、4種類の遅角モードを搭載しています。
■8,500rpm~16,000rpmまで500rpm刻みでレブリミッターを設定可能でオーバーレブを防ぎます。
■テストモード/タイミングライト機能を搭載しています。
■デジタルタコメーター対応
■セーフティーインターロックインプット(SIR):SIR起動専用コードをアースさせる事により、DYNA2000は点火をカットします。配線次第で盗難防止装置や、サイドスタンドスイッチと連動させる事により、エンジンを始動できなくさせる事も可能です。
■オーバーボルテージプロテクト(OVP)機能:モジュールに20V以上の電圧が架かると、OVP機能が作動し自動的にモジュールの電源をカットします。
■アクティブRPMプログラム(ARP)機能:回転数により制御されている部品を、モジュールにある2本のARP専用コードへ接続すると設定回転数で作動させる事が可能です。
■プログラミング書き換え機能:別売りのPC接続キットを用い、お手持ちのパソコン(WINDOWS2000/XP)と、DYNA2000を接続する事で、出荷時の進角・遅角プログラム/レブリミット設定数値/ARP設定数値の各プログラムを任意に書き換える事が可能となります。
また、エンジン始動回数、エンジン最高回転数、エンジン始動トータル時間などを読み込めます。

DYNA2000(デジタルパフォーマンスイグニッションシステム)のインプレッション

総合評価

平均:-

  • 星5つ
    0件
  • 星4つ
    0件
  • 星3つ
    0件
  • 星2つ
    0件
  • 星1つ
    0件

DYNA2000(デジタルパフォーマンスイグニッションシステム)のインプレッション一覧

もっと見る