PISTA GP R PROJECT 46 2.0【ピスタGP R プロジェクト】

(0件)

NAP'Sおすすめポイント


マットカーボン x 蛍光イエローの鮮やかな組み合わせが人気の「PROJECT 46 2.0」がPISTA GP R でもラインナップ。

前モデルに引き続きチンガードにはバレンティーノ・ロッシ選手のサインが入り、シールド周辺の、各性能のスペックを記載する斬新なデザインも採用されています。

商品情報|PISTA GP R PROJECT 46 2.0【ピスタGP R プロジェクト】


■仕様

- シェル: 100% カーボンファイバー製
- あごひも: Dリング
- 規格: SG規格 ( JIS2007 規格対応品 ) , MFJ公認標準装備

■標準装備

- ピンロック付クリアシールド
- MAX PINLOCK
- イヤープラグ(耳栓)

◆ご注意下さい◆
身体の安全に直結する商品の為、返品やサイズ交換をお受けすることができません。

特徴|PISTA GP R PROJECT 46 2.0【ピスタGP R プロジェクト】

★PISTA GP R PROJECT 46 2.0【ピスタGP R プロジェクト】の特徴


■セーフティリリースシステム

- 緊急時に楽にヘルメットを脱がせる事が出来るセーフティリリースシステムを採用。
- チークパッドに付いているタブを引っ張る事でパッドのみが外れる事により、ライダーの頸椎に負担を掛ける事無くヘルメットを脱がす事が可能。
- 特許取得の構造により、有事の際以外には簡単には外れず安心してお使い頂けます。

■内装

- 日本人の頭の形状にあわせた、ジャパニーズフィット仕様により自然なフィッティングを実現。
- インナーライナーには、通気性と肌触りの良さに優れ、抗菌防臭加工により不快な臭いや汚れを抑えるNabukファブリックとSHALIMARファブリックを採用。
- インナーライナーはトップ・チーク共に、取り外し・洗濯・交換が可能。
- 頭に触れるパーツは全てシームレス(縫い目無し)に作られており、快適なフィッティングを実現。
- 頭頂部には位置調整が可能なパットを装備し、細かいフィッティングが可能。
- オプションのチークパット等を組み合わせてお好みのフィッティングにすることが可能。

■ベンチレーション / エアロダイナミクス

- 前頭部に3か所、顎に1か所、後頭部2か所の大型エアインテークを装備。
(前頭部はカバー脱着により開閉選択式。顎部分は開閉可能、後頭部は常時オープン仕様)
- IVS (Integrated Ventilation System)により、より多くの空気をダイレクトに取り込み、ライダーの頭部に効果的にフレッシュエアを供給。
- 走行中最もエア圧の掛かるポイントを解析すると共に最大通気量を捕らえるための大型エアインテークを装備し、従来モデルに比べてより効率的なベンチレーション効果を生み出します。
- 前頭部のベンチレーションには新開発のメタル素材の使用により、優れた衝撃への保護と転倒時の滑走性の向上。最大限の強度を得られる構造となっています。
- PISTA GP比で4%空力性能・通風効果の向上を果たした新形状のビプラノスポイラーを装備。
- リアスポイラーは帽体と別体式となり、万が一のアクシデントの際に帽体からすぐに外れライダーに危険が及ばないよう設計。
- エアロダイナミクスの研究を重ねたシェルの形状により、超高速域でも浮き上がりにくく、優れた安定性を実現。

■シールド

- 新開発のシールドは5mmの厚みを持ちながら、更に歪みの無いクリアな視界と安全性を確保。
- シールド機構を見直し、動作エリア(両脇部分)面積がGP-TECH対比で71%減。
この事により、衝撃吸収材の厚みを増す事が可能となり、転倒時の衝撃を大幅に低減。
- 水平視界190°、上下視界85°の圧倒的な視野角を実現。
- AGV独自のシールドロック機構 VISOR CLOSURE SYSTEM を採用。
従来のロック機構を見直し、より確実かつ強固にシールドをロックしアクシデント時にシールドが外れる事を防ぎます。
またマイクロオープニングシステムと呼ばれるわずかに開けた状態を維持する事も可能。
- 新開発のMAX VISION PINLOCKシートを採用し、シールドのほぼ全面を覆う広範囲の曇り止め効果を実現。

■ハイドレーション(給水)システム

- Moto GPで開発されたシステムを標準装備。
- スーツ側のCamelbak へ接続することによりあご部分の給水口から給水が可能。
- システムは任意に調整、取外し可能。

■その他

- 転倒時に鎖骨への衝撃を最低限に抑える特殊なエッジ形状。
- PISTA GP Rはレースからのフィードバック製品の為、内装のスポンジ(特に頬の部分に高密度のスポンジを使用)がきつめの設定となっております

PISTA GP R PROJECT 46 2.0【ピスタGP R プロジェクト】のインプレッション

総合評価

平均:-

  • 星5つ
    0件
  • 星4つ
    0件
  • 星3つ
    0件
  • 星2つ
    0件
  • 星1つ
    0件

PISTA GP R PROJECT 46 2.0【ピスタGP R プロジェクト】のインプレッション一覧

もっと見る