旅の記録や、もしものトラブルに
バイク用ドライブレコーダー

バイクや車の運転には、事故のリスクが伴います。
万が一の時のため、備えをしっかりと行うことが大切です。
そのような際にとても活躍するのがドライブレコーダー。
走行中を記録することができるビデオカメラで、交通事故が発生してしまった場合にも責任の所在をはっきりさせるのに役立ちます。
また、ツーリング中の動画撮影もできアクションカメラとしても使うことができます。

  • バイク用ドライブレコーダーの特長
  • バイク用ドライブレコーダーの使用用途
  • おすすめの2カメラドライブレコーダー
  • おすすめの1カメラドライブレコーダー

バイク用ドライブレコーダーの特長

STRONG POINT

  • 事故の際のやり取りをスムーズに

    万が一の事故の時に、不正を防止したりやり取りをスムーズにすることができます

  • ループ撮影 車体給電可能

    ループ撮影ができ、車体からバッテリーを供給できるものもあります

  • GPS情報機能も搭載されたものも

    映像記録と共に、GPS情報なども記録できるものもあります

  • 衝撃録画 Gセンサー搭載型も

    衝撃が加わったときの前後の映像を自動的に記録できるGセンサー搭載型もあります

バイク用ドライブレコーダーの用途・使い方

HOW TO USE

  • 事故イメージ

    自己防衛アイテムとして

    事故時の映像を記録することができるため、事故の相手や警察、保険関係の方との対応も、非常にスムーズにすることができます

  • あおり運転イメージ

    あおり運転対策に

    悪質なあおり運転が社会問題となるほど、多発しています
    前後2カメラタイプのドライブレコーダーなら、後ろからのあおり運転も撮影することができます

  • 意識イメージ

    安全意識を高める

    事故になりそうな状況を再度確認することができ、安全運転をする際の参考にイメージトレーニングができます

  • ツーリングイメージ

    旅の思い出にも

    走行映像をパソコンに保存し、鑑賞したり動画共有サイトなどに投稿して友人や家族などとも楽しむことができます

ページトップ